Amazonで購入 kindleで購入 ibooksで購入 ebookJapanで購入 hontoで購入

作者の一言

 河村瑞賢という人物をご存じですか。
 江戸時代初期、荷車引き(車力)から身を起こして材木商となり、明暦三年(1657)に起こった「明暦の大火」で、木曾の山林を買い占めて財を成し、その後、江戸や大坂の都市インフラ構築事業にかかわり、江戸時代の繁栄の土台を築いた人物です。
「何だ、江戸時代の豪商の一人か」と、お思いかもしれませんが、瑞賢は少し違います。一代で財を築いた豪商の多くが吉原や柳橋で遊興にふけったのとは対照的に、材木商として成功した後の瑞賢は、公益事業に邁進します。
明暦の大火後の江戸再建に手腕を発揮し、多くの人夫を使った新川の開削工事を成功させた瑞賢は、その実績を幕府に買われ、東廻り・西廻りの海運航路を整備し、また淀川の治水工事に携わり、商都大坂の基盤を整えます。
つまり瑞賢は、海運航路の整備、築港、治水工事、新田開発、鉱山開発といった公益事業に携わり、江戸時代の基盤を造り上げていくわけです。しかも、その活躍は全国規模であり、江戸という地域にとどまらず、江戸という時代を造ったと言っても過言ではないでしょう。
 言うなれば瑞賢は、都市および地域開発事業のプロジェクト・リーダーとして、今日まで続く日本経済繁栄の基礎を築いた人物なのです。
 しかもそれは、彼一個の利益に帰するものではなく、上は幕府や大名から、下は中小商人や農民に至るまで、皆に実益のある事業を行ったところが画期的です。 
 むろん、多くの人を使う事業を成功させるには、卓越したリーダーシップが必要です。瑞賢に「世のため人のため」という思いがあったからこそ、どのような困難な事業でも、人はついてきたのでしょう。
 自分一個のことではなく、全体のことを考える。いつの時代もリーダーシップの根幹は、そこにあります。
 本書をすべてのビジネスマンに捧げます。

あらすじ

江戸の都市計画・日本大改造の総指揮者、その名は河村瑞賢!

伊勢の貧農に生まれた河村屋七兵衛(のちの瑞賢)は、苦労の末に材木屋を営むようになり、明暦の大火の折に材木を買い占めて莫大な利益を得る。
その知恵と並はずれた胆力を買われた七兵衛は、食糧不足に悩む巨大都市・江戸の暮らしを潤すため、日本列島の海運航路の開発を幕府より命じられる。
その後も、大坂・淀川治水工事、越後高田藩の銀山開発など、幕府の数々の公共事業に関わるようになり、江戸という時代を縁の下から支えるインフラ構築事業に邁進していく・・・・・・。

新井白石をして、「天下に並ぶものがいない富商」と唸らせた男の波瀾万丈の生涯を描く長編時代小説!
伊東潤デビュー10周年記念作品。

Amazonで購入 kindleで購入 ibooksで購入 ebookJapanで購入 hontoで購入