伊東潤

プロフィール

1960年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学社会科学部卒業。日本アイビーエム株式会社を経た後、外資系企業のマネジメントを歴任。2003年にコンサルタントに転じて2006年に株式会社クエーサー・マネジメントを設立。2007年、『武田家滅亡』(角川書店)でメジャー・デビュー。2010年に専業作家となって今に至る。

【文学賞受賞歴】(受賞順)

第1回「本屋が選ぶ時代小説大賞」(2011年)
受賞作 : 『黒南風の海―加藤清正「文禄・慶長の役」異聞』

第34回吉川英治文学新人賞(2013年)
受賞作 : 『国を蹴った男』

第2回歴史時代作家クラブ賞(作品賞) (2013年)
受賞作 : 『義烈千秋 天狗党西へ』

第4回山田風太郎賞(2013年)
受賞作 : 『巨鯨の海』

第1回高校生直木賞(2014年)
受賞作 : 『巨鯨の海』

第20回中山義秀賞(2014年)
受賞作 : 『峠越え』

【文学賞候補歴】(候補順)

第32回吉川英治文学新人賞(2011年) → 二回目の候補で受賞

第146回直木賞(2011年)

第18回中山義秀文学賞(2012年)  → 二回目の候補で受賞

第148回直木賞(2013年)

第149回直木賞(2013年)

第150回直木賞(2014年)

第155回直木賞(2016年)

伊東潤から皆さまへのメッセージ

戦国時代、それは歴史上、人が最も本能の赴くままに生きた時代であった。強き者は弱き者を足蹴にし、その肉を啖い、さらに肥えるため、新たな敵を求めていった。民衆は生きるために汲々とし、食べることにのみ懸命であった。
戦国とはそんな時代だったのか。
はたして戦国の世に生きた人々の魂は、それほど荒んでいたのだろうか。その答は否である。
空は大きく広がり、空気は澄みわたり、自然は常に人々とともにあった。死の恐怖は常に隣りあわせだったが、その反面、生きる喜びも大きかった。そんな時代が描きたくて、私は作家になった。
拙著を読んでいただいた方々、及び、こちらのサイトにいらした方々に、現代人が忘れてしまった「吾・唯・足・知(われただたるをしる)」という心を、少しでも取り戻していただければ幸いです。

伊東潤

タイトル「恐々謹言」の趣意

武士の書状の末尾によく用いられる慣用表現。「恐れながら謹んで申し上げます」の意。

このサイトに来ていただいた方々に尊敬の念を込めて命名しました。

作品履歴